即日入金も可能なファクタリングサービス

企業等が事業活動を行う際、しばしば発生するのが売掛金です。売掛金は言うまでもなく利益に含まれますが、所定の期日が来るまでは入金がありません。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

そのため、場合によっては入金までの間に手持ちのキャッシュが不足し、事業に支障を来すといった事態も起こり得ます。
こうしたリスクを回避するための手段として近年注目を集めているのが、ファクタリングというサービスです。
ファクタリングとは、売掛金債権を第三者が買い取ることをいいます。具体的な流れとしては、まず企業等がファクタリング業を営む専門事業者に債権を売却します。



その対価として、企業等は簿価から一定の額が差し引かれたキャッシュを手にします。

一方、事業者は債権を代位取得し、債務者からの回収を行います。

この回収額と買取額の差が手数料すなわち事業者の利益となります。



従来、売掛金の発生から入金までの間にキャッシュが必要な時は、企業等は金融機関からつなぎ融資を受けるのが一般的でした。

しかしつなぎ融資の利用には原則として担保や保証人が必要で、すべての企業等が融資を受けられるとは限りません。
これに対し、ファクタリングの場合は通常は担保も保証人も不要なので、利用に際してのハードルが低いという特徴があります。

また、現金化までの期間が短く、即日入金も可能という迅速さも大きな特徴です。


売掛金の入金は1ヶ月先から1年先というのが一般的ですし、つなぎ融資でも審査に一定の時間を要するため即日融資が受けられる機会は極めてまれです。

しかしファクタリング会社の中には最短で即日現金化を謳っているところが少なくないため、スピーディーな資金調達が可能です。